ALL    DOWNLOADS    ARTICLES    REFERENCE    PROCESS    ON-DEMAND WEBINARS   
TOOLS    TRAINING    LIVE WEBINARS    USER-GENERATED

Language: All    English    French    Japanese    Korean    Portuguese    Spanish   
Access: All    Free    Premium   
Sort By: Newest    Title   

76 items found

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 next>

Take It Personal: Value-based Culture (Japanese Translation)

by Andy Jordan

個人がビジネスにもたらす個人的価値に焦点を当てることによって、組織は人々が自分の仕事ほど重要であることを示しています。 この価値に基づく文化は、生産性、士気、コミットメントを向上させますが、スローガンに基づいて構築されるわけではありません。

The Best Advice for New and Struggling Agile Teams (Japanese Translation)

by Gil Broza

あなたは新しく形成されたアジャイルチームに参加しています。 午後、マネージャー、チームメンバーのいずれにしても、チームの成功にどのように役立つことができますか? どのようにすべての上に滞在しますか? 答え:FSVWT!

7 Change Management Trends Project Managers Need to Be Aware Of (Japanese Translation)

by Phil Buckley

変更管理に関する新しい視点は、プロジェクト管理者にとって重要な意味を持っています。 ステークホルダーのニーズを満たし、プロジェクト結果の提供を可能にする最良の方法は、それらを特定し、理解し、調整することです。 ここでは、プロジェクト管理者がプロジェクトをどのように導くかに影響を与える7つの変更管理傾向があります。

Leading Beyond the Iron Triangle (Japanese Translation)

by Byron A. Love, MBA, PgMP, PMP, CISSP

「成功した」プロジェクトの失敗は、経験豊かなPMにショックを与えました。 トリプル制約だけでプロジェクトを管理するだけでは不十分であることが分かります。

Performance Management Stinks! - Here's an Agile Way to do It! (Japanese Translation)

by Sally Elatta

おおげさに聞こえるかもしれませんが、パフォーマンス評価の時間というのは誰にとっても恐ろしいものなのです!なぜこのプロセスが苦痛なのでしょう?もし、あなたのチームがアジャイルチームならば、マネジャーの役割が大きく変わるため、パフォーマンス評価に必要となる完璧な情報が得られないこともあり、この苦痛はさらに耐え難いものになってゆきます。このセッションでは、このテーマについて詳しく説明し、アジャイル方式の採用を拡大する組織のパフォーマンス管理について考えるための、新しいアジャイルな方法を共有します。

The Dynamic Progress Method: A New Alternative to the Critical Path Method (Japanese Translation)

by J. Chris White

クリティカル・パス・メソッド(CPM)が1950年代に導入されたので、プロジェクト見積もりと計画における最新のイノベーションについて学びましょう。その当時CPMは大幅に改善されましたが、しかし今では現在の単純化されたCPMのアプローチではとても不十分です。今日のプロジェクトはより大規模で複雑化しており、より厳密なアプローチが求められています。CPMを使うことにより、リソースはタスク期間と切り離され、現実的なプロジェクト計画を立案することを困難または不可能にします。CPMでは「期間」はインプットです。

Make it So Number One: Why Many Projects' Chance for Success is Doomed and How to Fix It (Japanese Translation)

by Ori Schibi

およそ70万人のPMPが利用するPMBOK®も第5版になり、プロジェクトの成功率を向上させるために万全の準備をしている。しかし…(そしてここに「しかし」が入る)失敗のチャンスはいまだかなり高く(いくつかの理由による)、我々は失敗につながる同じことを続けている。このウェビナーはプロジェクトの失敗の理由を列挙したものではない。これらの失敗の根底にある原因を探求し、プロジェクトの成功記録を改善するための実践的なアイディアを提供するものである。

Dude, Where's My Control?! Transitioning from a Project Manager to a Scrum Master (Japanese Translation)

by Emily Luijbregts

現在、多くの組織がアジャイルの考え方を導入し始めている。プロジェクト・マネジャー自身が、考え方や働き方をアジャイルの方法にする必要があるが、得てして受けているサポートや教育が限られている。本ウェビナーでは、その課題がどのようなものか、自分自身をどう見せるか、プロジェクト・マネジャーがプロジェクトでよりアジャイルな方法を受け入れ学びながら、プロジェクト・マネジャーとして何ができるかについて解説する。

Reversing the Trend of Failed Projects – The Program or Project Manager’s Leadership Role (Japanese Translation)

by Ginger Levin

「Pulse of the Profession」レポートでPMIが実施した調査によれば、「プロジェクトとプログラムに投資された10億米ドルごとに1億900万米ドルを無駄にしている」(PMI、Pulse 2015、p.2)。この1億900万ドルの損失は、過去2年間一定であった多数です。 このウェビナーでは、なぜそんなに多くのお金が浪費され、この傾向を逆転させるのかを判断するための調査について説明します。

Making Better Project Decisions More Often (Japanese Translation)

by Eric Wright

この活気に満ちたインタラクティブなワークショップでは、意思決定と計画において私たちが使用する主要な精神的および感情的な偏見を実際に理解し、プロジェクトの決定にこれらのバイアスが与える影響を緩和する方法を説明できるようになります。より良いプロジェクト決定をより頻繁に行うことができます。

ADVERTISEMENT

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 next>

ADVERTISEMENTS

"Only those who have been in the frying pan are really qualified to talk about the heat."

- Winston Churchill

ADVERTISEMENT

Sponsors